名誉がある

叙勲額を設置する理由

叙勲とは国や公共に対して貢献した人に対して贈られる勲章です。 勲章とともに、贈られるのは叙勲を受けたことを記した勲記という証書です。加えて位階と呼ばれる序列も授与されて位記と呼ばれる証書にそのことが記録されるのです。ただ、勲章と勲記、位記は保管するケースまでもらえるわけではないのです。そこで、勲章、勲記、位記をまとめて保管することが出来る叙勲額を用意すれば、まとめて保管することが可能となるのです。これで紛失する心配は解消されるのです。また、叙勲額は壁にかけて飾れるので、叙勲を受けた事実を知り合いに見せやすくなるのです。このとき、叙勲額にちょっとこだわることで、いつまでも美しい勲章や証書を見ることができるのです。それは叙勲額で用いるアクリル板を紫外線カット機能を採用した製品にしておくことです。部屋にかけるどうしても日焼けをする恐れがありますから、見落としがちですが重要なことです。

軽くて小さいサイズの額

叙勲を受けるというのは、人生においてまたとない晴れがましいことです。 それゆえに、それを証明する勲章や証書には、格別の思いを込めたくなるものです。 そのことを考えれば、飾るために用意する叙勲額というのは、重厚で威厳のあるものがふさわしと言えるのです。ところが、最近では軽量でコンパクトなサイズの叙勲額が増えているのです。その理由に、日本の住宅事情が変化していることがあるのです。かつての日本家屋では和室があり、叙勲額を飾ってもおかしくない床の間もありました。ところが最近はこじんまりとしたマンションで生活する人も増えてきており、家の雰囲気に合わないというだけでなく、飾るスペースを確保できないという事情があるのです。